2021.04.24 08:56

高知県の人口5年で5%減、69万2065人 減少率最大 国勢調査速報

 高知県の昨年10月1日現在の人口は69万2065人で戦後最少を更新したことが、県が23日に発表した国勢調査結果の速報値で分かった。5年前の前回調査に比べて3万6211人減り、減少率は過去最大の5・0%に拡大した。国勢調査の結果としては昭和以降初めて70万人を割り込んだ。前回に続き県内34市町村全てで減少する一方、県全体に占める高知市の人口は47・2%と前回より0・9ポイント増加し、人口の偏在がより顕著になった。

 県人口の減少は、死亡数が出生数を上回る「人口自然減」に転じた1990年の調査から7回連続。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース行政

ページトップへ