2021.04.23 08:35

聖火トーチ、重っ!南国市・国府小学校に走者が貸し出し

嶋崎賢さん(左奥)が貸し出した実物のトーチを持つ児童=南国市の国府小学校
嶋崎賢さん(左奥)が貸し出した実物のトーチを持つ児童=南国市の国府小学校
 東京五輪・パラリンピックの聖火をともしたトーチが22日、南国市国分の国府小学校に〝到着〟した。聖火ランナーを務めた児童の父親が貸し出したもので、児童らは「聖火が学校に来た!」と感激していた。

 トーチは、嶋崎昴君(11)=6年=の父親、賢さん(46)が20日に同市内の200メートルを走った際に使用。授業中で聖火リレーを見られなかった児童らに「せめて実物を見てもらおう」と持参した。

 児童は、長さ71センチのトーチを交代で手に取り、「持ってえいが!?」「重っ!」などと大はしゃぎ。順番待ちの友だちに〝トーチキス〟でつなぐなど、聖火ランナー気分も味わった。

 今後は、授業の教材として活用するほか、近隣校や地区の公民館でも巡回展示予定。嶋崎さんは「持つだけで笑顔になるのがトーチの魅力。見て触って、五輪を体感してほしい」と話している。(横田宰成)

ページトップへ