2021.04.18 08:52

高知県内聖火リレー4/19、20 ランナーと全ルート紹介

 東京五輪の聖火リレーが19、20日、高知県内各地を走る。走者は県内外の177人。主催者発表に基づき、各区間のルートとランナー名を紹介する。

 初日は9市町(10区間=計16・7キロ)で実施する。高知市・桂浜の坂本龍馬像前をスタートし、県西部へ。高岡郡梼原町などを経て、ゴールの宿毛市に向かう。

 最終日は11市町村(11区間=計16・9キロ)で開催。南国市を出発し、県東部に向かう。安芸郡東洋町で実施後、聖火は高知市の中心市街地を一回り。中央公園で、県内リレーのフィナーレを迎える。

 コースには、仁淀川(吾川郡いの町)や四万十川の佐田沈下橋(四万十市)、生見海岸(東洋町)など、高知県の自然と風土を感じられるスポットが組み込まれている。出発式や記念イベントを行う自治体もあり、中学生による吹奏楽の演奏や、よさこい鳴子踊りなどで盛り上げる。自治体間は車で移動する。

 両日の最終地点(宿毛市、高知市)では聖火の到着を祝うイベント「セレブレーション」を開催。新型コロナウイルス対策のため、入場できるのは事前申込者のみ。(大野泰士)

名簿の見方
 走者(176人)一覧は主催者の発表資料に基づく。敬称略。区間ごとに原則、五十音順、アルファベット順で表示(通称含む)。カッコ内は居住地か出身地で、空欄の人は未発表。地図中の(S)はスタート地点、(F)はフィニッシュ地点。四万十市の1人は調整中。

◆19日(月)◆
【高知市(1)】
 タレントの島崎和歌子さん、演歌歌手の三山ひろしさんらが登場。出発式では浦戸小学校児童がメッセージを披露する。

 桂浜公園駐車場は閉鎖され、高知新港から桂浜と結ぶシャトルバスを運行する。往路は午前5時50分~同6時50分、復路は午前8時半~同9時半。

ランナー
▽小沢直(埼玉県)▽金哲彦(東京都)▽近藤可連(高知市)▽島崎和歌子(東京都)▽宗ちゃん(高知市)▽三山ひろし(東京都)


【いの町】
 清流・仁淀川を手こぎの川舟でひと回りする特殊なコース。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ