2021.04.18 08:37

春のクリスマスツリー?ナンジャモンジャ満開 香南市香我美町

満開を迎えたナンジャモンジャ(香南市の香我美市民館)
満開を迎えたナンジャモンジャ(香南市の香我美市民館)

 春の光に白い雪ふわり―。香南市香我美町徳王子の香我美市民館にあるナンジャモンジャ(正式名ヒトツバタゴ)の木が満開になっている。

 約30年前に旧香我美町教委が植えたモクセイ科の落葉樹。高さは約6メートルで、鮮やかな緑の葉っぱに細長い白い花が群生しており、まるでクリスマスツリーにかぶさる雪のよう。

 暖かい日差しを浴びて、例年より2週間ほど早く愛らしい花が開花。同館の職員は「今がピークで、あと数日は楽しめそう」という。

 隣接する香我美図書館では24日午前10時半から、ボランティア「なんじゃもんじゃ」による絵本の読み聞かせが催される(雨天の場合は館内)。(深田恵衣)

カテゴリー: 高知のニュース自然・植物香長

ページトップへ