2021.04.16 16:12

代表試合後に検査受けずJ出場 日本サッカー協会が謝罪

 日本サッカー協会は16日、3月下旬に国内で国際親善試合に臨んだ日本代表とU―24(24歳以下)日本代表で、活動終了後3日目と決められていた新型コロナウイルスの検査を受けずにJリーグに出場していた選手がいたと発表し、謝罪した。検査の実施要領で所属先と認識の違いがあり、日本協会側の説明にも不備があったという。

 試合は特別な防疫措置を講じることで許可され、活動後3日目、14日目、およびJリーグの試合前に検査をするとスポーツ庁と取り決めていた。
カテゴリー: スポーツ

ページトップへ