2021.04.17 08:35

津野町で民宿全焼、宿泊客なし 築250年以上の茅葺き

築250年以上とされる民宿が全焼した火災(16日午前1時10分ごろ、津野町芳生野丙)
築250年以上とされる民宿が全焼した火災(16日午前1時10分ごろ、津野町芳生野丙)
 15日午後11時ごろ、高岡郡津野町芳生野丙の民宿経営、男性(69)方から出火。民宿兼自宅の木造平屋約130平方メートルを全焼した。宿泊客はいなかった。

 民宿は、築250年以上とされる茅葺(かやぶ)きの古民家を利用した「長寿庵」。囲炉裏(いろり)や薪(まき)でたく五右衛門風呂などが人気だった。

 現場は国道439号沿いの口目ケ市(くちめがいち)生活改善センター北東100メートル。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース事件事故高幡

ページトップへ