■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.04.16 08:55

元高校新聞部員たち、よさこいチーム結成 高知の学生ら総文「リベンジ」呼び掛け

来年のよさこい祭り参加に向け張り切る元新聞部員(南国市の高知農業高校)
来年のよさこい祭り参加に向け張り切る元新聞部員(南国市の高知農業高校)
 昨年の全国高校総合文化祭「2020こうち総文」は、新型コロナウイルスの影響でウェブ開催となり、全国の高校生が対面交流の機会を失った。そのリベンジを果たそうと、高知県内の新聞部出身の学生がよさこいチームを結成した。高知に来るはずだった全国の新聞部員とともに来年のよさこい祭りに参加する計画を進めている。

 総文は毎年、全国の高校生約2万人が開催地に集まり、発表や交流を行う〝文化部のインターハイ〟。新聞部門は全国から集まった部員がチームで現地を取材し、「交流新聞」を共同で作るのが恒例になっている。こうち総文でも、約300人が高知市の日曜市などを取材する予定だったが、その機会を新型コロナに奪われた。

 当時、追手前高生で新聞部門の実行委員長を務めた瀧下一平さん(18)=高知大=は「取材を通じ、県外の高校生にも高知の魅力を知ってもらいたかった」と、今も悔しさを隠せない。くすぶる思いを発散しようと、小津高や高知農業高の新聞部の仲間と企画したのが、よさこいチームの立ち上げだった。

 踊り子は、高知に来る予定だった新聞部員やその家族、顧問らを考えており、メールで呼び掛けた。すでに北海道や静岡県など約20人が参加の意向を示しているという。

 衣装や地方車のデザインなどは、県内の元新聞部員が中心になって考える予定。曲作りはこれからだが、振り付けはインストラクターの田村千賀さんの快諾を得ており、動画を基に各自が練習し、本番前日に全体練習を行うという。

 瀧下さんらは「2年越しのリベンジ。とにかく思いっきり楽しみます」「よさこいで一緒に汗を流し、交流の証しを残したい!」と意気込んでいる。(福井里実)

ページトップへ