2021.04.15 08:35

宿毛市でムカシトンボ確認 横瀬川ダム上流で環境調査

確認されたムカシトンボの成虫(宿毛市山奈町山田)
確認されたムカシトンボの成虫(宿毛市山奈町山田)
 四万十市具同のトンボ自然公園を管理する公益社団法人「トンボと自然を考える会」はこのほど、昨年完成した横瀬川ダム(宿毛市山奈町山田)による環境変化の有無を確認しようと、上流域でムカシトンボの生息調査を行い、成虫と幼虫の生息を確認した。

 ムカシトンボは1億数千万年前からほぼ同じ形態をとどめる。同会の杉村光俊さん(66)によると、幼虫期間(5、6年)は人が飲めるほどの水質と、低水温が維持されないと生育できない。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ