2021.04.15 08:33

四万十市に新直販所開業 JA高知県、幡多で最大級の店舗

多くの買い物客でにぎわう「JAグリーン四万十店」(四万十市右山五月町)
多くの買い物客でにぎわう「JAグリーン四万十店」(四万十市右山五月町)
 JA高知県幡多地区の直販所「JAグリーン四万十店」がこのほど、四万十市右山五月町にオープンした。近くの「JAグリーンはた中村店」を市中央公民館跡地に移転、新装した。幡多では最大級の店舗で、幡多全域から農畜産物をそろえる。

 旧中村店は隣接する同JA中村支所とともに、市が計画する新文化複合施設の建設地に含まれる。JAは2018年度に市との土地交換などに合意し、新店開業の準備を進めていた。

 四万十店の売り場面積は約400平方メートルで、旧中村店の約1・5倍。これとは別にイートインコーナー(約40平方メートル)や調理室も構えた。生産者が新鮮な野菜などを持ち込むほか、JA幡多地区女性部が弁当や総菜を製造、販売する。

 1日にプレオープンし、10日に本格営業を始めた。同日の式典でJA高知県の秦泉寺雅一組合長は「生産者、利用者の活動拠点として満足してもらえる店づくりをしたい」とあいさつした。

 旧店舗も利用していた同市勝間の田辺伝三(つたみ)さん(90)は「広くなってきれいで気持ちがえいね」と話していた。(今川彩香)

カテゴリー: 高知のニュース農業幡多

ページトップへ