2021.04.15 08:37

高知の郷土料理を動画で後世へ...土佐町の編集者が取材、県がYoutube配信

県内九つの郷土料理を撮影した石川拓也さんと鳥山百合子さん(土佐町土居の「とさちょうものがたり」編集部)
県内九つの郷土料理を撮影した石川拓也さんと鳥山百合子さん(土佐町土居の「とさちょうものがたり」編集部)
 高知の食文化を後世に伝えようと、県が郷土料理の作り方などを記録した動画をユーチューブで公開している。安芸郡東洋町の「こけらずし」や、宿毛市の「きびなごのほおかぶり」など九つ。動画を制作した土佐郡土佐町の事業者は「各地の多様で濃い文化を感じて」と呼び掛けている。



 料理の作り手の高齢化や後継者不足を背景に、県農産物マーケティング戦略課が企画。土佐町をPRするウェブサイト「とさちょうものがたり」編集部の鳥山百合子さん(44)と石川拓也さん(46)が昨冬、約1カ月かけて取材・撮影した。

 動画は今月上旬、同課が開設したユーチューブチャンネル「JAPAN Cooking KOCHI」にアップ。イタドリやタケノコ、キビナゴなど食材を育む地域の風土や営みを交え、調理方法やレシピを紹介している。料理名の題字は嶺北地域の障害者支援施設の利用者が手掛けた。

 石川さんは作り手の住民から「自然と調和した暮らしの大切さを学んだ」。同課は今後も動画を増やしたい考えで「記録の重要性を訴え予算化に努めたい」としている。(竹内将史) 

■関連記事 高知の郷土料理を集めた「つくってみん」は→ こちら

ページトップへ