2021.04.14 08:43

わいせつ中学教員に実刑 男子部員の体触る、高知地裁判決「執拗で悪質」

 中学校で顧問を担当する部活の合宿で、男子部員の体を触るなどしたとして、強制わいせつ罪に問われた高知市九反田、中学校教諭、男性被告(32)=起訴休職中=の判決が13日、高知地裁であり、吉井広幸裁判官は懲役1年6月(求刑懲役2年6月)の実刑を言い渡した。

 判決によると、同被告は昨年8月、顧問を務める部活が県内で合宿をしていた際、深夜に就寝中の男子部員の体を触るなどした―としている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ