2021.04.14 08:35

高知県の高齢者用ワクチン、5月上旬に1.4万人分 県が供給見通し

 高知県は13日、高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンについて、5月3日の週に新たに29箱が国から供給される見通しを明らかにした。1箱975回分で、県内の高齢者人口の5・7%、約1万4千人(1人2回接種)分に相当し、県は近く市町村への配分量を公表する。

 13日に開かれた県議会の危機管理文化厚生委員会で報告した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ