2021.04.09 08:39

追跡・白いダイヤ~高知の現場から~第二部 流通(9)鹿児島「シラス足りん」

鹿児島県鹿屋市のウナギ加工場。養鰻用のシラスは、県内では全く足りていないという
鹿児島県鹿屋市のウナギ加工場。養鰻用のシラスは、県内では全く足りていないという

 2019年の日本国内のウナギ生産量は1万7千トン。そのうち鹿児島県は7千トンを占め、ぶっちぎりの全国トップだ。

 中でも、同県南部の大隅半島は、温暖な気候と豊富な地下水に恵まれ、ウナギ養殖の好条件がそろっている。

 地元では1971年に養鰻(ようまん)業者が組合をつくり、共同加工を始めた。現在では「大隅産ウナギ」としてブランド化している。

 ■ 

 桜島の南東約35キロ。鹿屋市の加工場を訪ねると、食欲を誘うかば焼きの香りが漂っていた。

 煙突から白い蒸気がわき上がり、中では聞き慣れない言葉が飛び交う。従業員74人のうち、17人はベトナムからの技能実習生。彼ら彼女らが人手不足の現場を支える。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ