■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.04.07 08:33

“ブラジルの桜”見頃 大月町 鮮やかコガネノウゼン

青空とのコントラストがまぶしいコガネノウゼン(大月町の樫西園地)
青空とのコントラストがまぶしいコガネノウゼン(大月町の樫西園地)
 南米原産でブラジルの国花、コガネノウゼンが幡多郡大月町樫ノ浦の樫西園地で見頃を迎えている。鮮やかな黄色い花と、青い海のコントラストが楽しめる。
 
 ラッパ状の花を春に咲かせ「ブラジルの桜」とも言われる。沖縄では「イッペイ」などと呼ばれ、街路樹として植えられているという。
 
 町の委託で園地の植栽を手掛ける同町姫ノ井の造園業、竹田耕作さん(77)が6年前、沖縄から苗木を仕入れ植え始めた。海を見渡す町道沿いに、高さ3~4メートルに育った約50本が並んでいる。
 
 昨年に続き訪れた町内の女性(51)は「ここでしか見たことがない。本当に立派できれいですね」と笑顔。竹田さんによると、花は今月中旬まで楽しめそうという。(新妻亮太)

カテゴリー: 高知のニュース自然・植物幡多

ページトップへ