2021.04.07 08:35

高知県警の移動オービス、高速道でも運用 通学路の安全目的じゃなかった?

県警が導入した移動式オービス。8日から高速道でも運用を始める(南国市領石)
県警が導入した移動式オービス。8日から高速道でも運用を始める(南国市領石)
「当面は手前に看板」
 高知県警は3月に導入したばかりの移動式オービス(自動速度違反取締装置)の運用を、8日から高速道路に拡大する。導入前は通学路などの安全確保を主目的に掲げていただけに、〝ねずみ取り〟への転用という印象も否めないが、県警は「当面はオービスの手前に看板を設置し、取り締まりを告知する」としている。

 移動式オービスは、違反者の運転席やナンバーを自動で撮影し、後日に違反切符を交付するため、違反車両を停車させるスペースが要らないのが特長。

 県警は、...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース警察・消防

ページトップへ