2021.04.07 08:33

高知・仁淀川町から宇宙へ ミツマタの種500粒、東北復興企画に参加

ミツマタの種を受け取るワンアース顧問の大野敏光さん(右)=仁淀川町役場
ミツマタの種を受け取るワンアース顧問の大野敏光さん(右)=仁淀川町役場
 吾川郡仁淀川町で育てられているミツマタの種が、宇宙への旅に出ることになった。東日本大震災で被災した東北の復興を願うプロジェクトの一環。近く米国からロケットで打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)で約2カ月過ごす。地球へ帰還後、同町内での栽培を目指している。

 プロジェクトは、東北復興宇宙ミッション2021。宇宙を旅した種から発芽した桜の苗を、被災地に植える活動などをしている一般財団法人「ワンアース」(茨城県)が、震災から10年の節目に企画した。

 3月11日には...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ