2021.04.06 08:44

追跡・白いダイヤ~高知の現場から~第二部 流通(7)シラス 空を飛ぶ

段ボールに入ったシラスウナギが飛行機に積み込まれる(徳島空港)
段ボールに入ったシラスウナギが飛行機に積み込まれる(徳島空港)

 「シラス王」の朝は早い。全国各地から宅配便で届くシラスウナギを受け取るため、徳島市内の運送会社の事務所に向かうことから始まる。

 記者が訪ねた1月のある日は、四国と本州をつなぐ明石海峡大橋が強風で通行止めに。各地から送り出されたシラスが足止めを食っていた。

 男は方々へ電話をかけ始める。

 「昨日、荷物はどれぐらい積んだ?」

 「4キロちょっとです」 「きれいにアイスを入れとるんだろ?」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ