2021.04.06 08:40

高知県が新型コロナ対応ステージ「警戒」に引き上げ 会食「可能な範囲で縮小を」


 高知県は5日、県内で新たに8人の新型コロナウイルス感染が確認されたのを受け、対応ステージ(5段階)を下から2番目の「注意」から、「警戒」に1段階引き上げた。県内が警戒となるのは2月22日以来、約1カ月半ぶり。会食は「可能な範囲で規模を縮小し、時間を短縮して行う」よう呼び掛けている。

 県内の5日までの直近7日間の新規感染は計17人となり、対応ステージで警戒の目安となる「14人以上」を突破した。病床占有率も目安の10%を超えたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ