2021.04.06 08:31

生徒の入試結果をクラス全員に誤送信、宿毛工業高校教諭

 高知県教委は5日、宿毛工業高校のクラス担任の30代男性教諭が、生徒1人の入試の合否情報を同クラスの全生徒35人に誤送信したと発表した。伊藤博明県教育長は「個人情報の不適切な取り扱いで、生徒と保護者に多大な迷惑を掛けた」と陳謝した。

 男性教諭は3月22日、生徒の氏名と受験校名、合否情報について同校の複数教員と共有しようと通信アプリを使って送信。この際、誤ってクラスの生徒との情報共有に使う宛先に送った。直後に誤送信に気付き情報を削除したが、「見られていないと思った」として生徒への謝罪などはしていなかった。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ