2021.04.04 08:52

追跡・白いダイヤ~高知の現場から~第二部 流通(5)シラス王、かく語りき

「シラス王」の事務所には至る所に監視カメラがあった(徳島市内=画像を一部加工しています)
「シラス王」の事務所には至る所に監視カメラがあった(徳島市内=画像を一部加工しています)
 シラスウナギが豊漁だった2019年度、国内で約17トンのシラスが採れたとされる。そのうち約2トンの取引を一手に引き受けた男がいる。

 高知県出身の40代。親族がシラスの取引に関わっていた縁で、この世界に入った。今は徳島県を本拠地とし、シーズン中は高知や静岡などから毎日30~40キロのシラスを集めている。

 多い年には国内で採れたシラスの5分の1を扱い、年商が数十億円に上ったことも。「取り扱い量日本一」「シラス王」。同業者からそう称される男が、高知新聞の取材に応じた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ