2021.04.03 08:56

追跡・白いダイヤ~高知の現場から~第二部 流通(4)シラスロンダリング

X県の問屋が仕入れたシラスウナギ。裏ルートの高知県産を「X県産」として出荷している
X県の問屋が仕入れたシラスウナギ。裏ルートの高知県産を「X県産」として出荷している
 西日本の某県。仮に「X県」としよう。取材班はここで、シラスウナギを「裏から表へ変換している」という男に接触した。
 
 数年前まで、X県で採れるシラスの量は年間100キロほどだった。ところが、この男が現地でシラス問屋を始めた途端、採捕量が約7倍まで急増。関係者の間で「今までにない豊漁」と大きな話題になった。
 
 「実はな、実際は採れてないんや」。閑静な住宅街にある自宅で取材に応じた男は、ペロッと舌を出した。その年、X県で採れたとされる約700キロのうち、「9割」は男が県外から集めたシラスだった、というのだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ