2021.04.06 08:37

【動画】高知・いの町「UFOライン」商標登録 ツーリング人気の町道瓶ケ森線

商標登録されたUFOライン (2020年5月、いの町寺川)
商標登録されたUFOライン (2020年5月、いの町寺川)



 ツーリング客らに人気を集める吾川郡いの町本川地域の町道「UFOライン」がこのほど、商標登録された。町は「これまで以上にPRに力を入れたい」としている。

 UFOラインは高知・愛媛県境の石鎚山系の尾根沿いを走る町道瓶ケ森線・瓶ケ森西線の通称で、約26キロ。雄大な景色の尾根という意味の「雄峰(ゆうほう)」、加えて未確認飛行物体の目撃情報もあることから名付けられた。2018年に自動車メーカーのCMの舞台になり、県内外から多くの観光客が訪れている。

 町本川総合支所産業建設課によると、町固有の財産を守り公式に定めた表現で観光PRなどに努めようと、昨年2月に特許庁に申請。今年3月に登録された。

 同ラインは凍結による事故防止のため現在は閉鎖されているものの、4月9日午後5時に開放される予定(天候次第では延期の可能性あり)。同課は「(同ライン沿いにあり)4月に改装オープン予定の山荘しらさも含め、観光情報の発信などを強化したい」としている。(山崎友裕)

ページトップへ