2021.04.02 08:36

血栓抑止の左心耳閉鎖システム、近森病院が高知県内で初導入 脳梗塞予防にメリット

 脳梗塞の原因となる血栓(血の塊)を予防する新しい治療法「左心耳(さしんじ)閉鎖システム」を、高知市大川筋1丁目の近森病院が県内で初めて導入した。心臓内で血栓を作り出す部分をふさぐ手法で、導入は四国で2施設目。従来の抗凝固薬と同程度の予防効果があるといい、川井和哉副院長は「多くのメリットがある治療。たくさんの人に知ってほしい」と話す。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ