2021.04.02 08:40

追跡・白いダイヤ~高知の現場から~第二部 流通(3)県またげば違法が合法

徳島県のシラス漁は4月15日まで。漁期の違いが密漁者らの利益を生む(同県阿南市の那賀川)
徳島県のシラス漁は4月15日まで。漁期の違いが密漁者らの利益を生む(同県阿南市の那賀川)

 高知県のシラスウナギの漁期は例年、12月上旬から3月中旬までだが、シラスは4月以降も県沿岸に接近し、遡上を続ける。

 漁期が終わった後に密漁したシラスは、誰が買うのか。県内の密漁経験者に聞いてみた。

 ■ 

 「最近は取り締まりが厳しい。密漁はもうやらん。でも、だいぶもうけさせてもろたで」。そう話す50代男性の本業は農業。日焼けした肌に無精髭(ひげ)。爪の間には畑の土が残る。

 数年前までシラスの密漁を繰り返し、県外に転売していた。友人と5人ほどでグループを組み、漁期終了後も夜中に浜へ。取り締まりの影を感じることはなかったといい、多い年には1カ月で300万円を荒稼ぎした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ