2021.04.01 08:40

追跡・白いダイヤ~高知の現場から~第二部 流通(2)裏ルートが表を支える

水槽内でシラスウナギを保管する筒状のザル。「ちょうちん」と呼ばれている
水槽内でシラスウナギを保管する筒状のザル。「ちょうちん」と呼ばれている

 「まいど」

 今年1月のある夜、採捕人の60代男性が県内の浜で採ったシラスウナギを持って、指定集荷人の自宅を訪ねた。

 男性は10年近く前に仕事をリタイアし、故郷の港町に帰ってきた。知人に誘われてシラス漁を始め、漁期中は毎日、6時間ほど精を出す。

 ある程度の量がたまると、集荷人に持ち込む。今回は1週間ほどで291グラムを集めた。

 「まあ、おまけして300グラムやね」

 集荷人は部屋の奥から手提げ金庫を取り出した。中には100万円以上の札束が収められている。

 「お疲れさん」と手渡したのは21万円。「ほな」と立ち去ろうとする男性を集荷人が「ちょっと待ち」と呼び止める。「毎日、寒いろう。これでコーヒーでも買いや」と1万円を手渡した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ