2021.03.31 08:56

追跡・白いダイヤ~高知の現場から~第二部 流通(1)闇業者「正規? 笑かすな」 シラスを裏ルートで県外へ 

シラスウナギを県外へ送るためのビニール袋。酸素を注入し、一昼夜の輸送も問題ないという
シラスウナギを県外へ送るためのビニール袋。酸素を注入し、一昼夜の輸送も問題ないという

 高知県内某所。指定された倉庫の前で記者が待っていると、目の前に軽トラックが止まった。降りてきたのは50代ぐらいの男。たばこを挟んだ手のひらで、「こっちへ」と無言の合図をする。

 後に続いて倉庫内に入ると、シラスウナギを生かすための大きな水槽が据えられ、独自に開発したという濾過(ろか)装置が低い音を響かせていた。いくつもの小型モニターに、さっき通った通路が映っている。

 3月13日に今季の幕を閉じた県内のシラス漁。男は、この部屋を拠点に100人を超える採捕人からシラスを買い取り、県外に売りさばく。県が定める流通の枠外で商売をする〝闇ブローカー〟だ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ