2021.03.29 08:34

新生児に乳歯ケースやスプーンをプレゼント 宿毛市が「木育」で

2020年度の新生児に宿毛市から贈られる木製のスプーンと乳歯入れ(宿毛市高砂の宿毛市総合社会福祉センター)
2020年度の新生児に宿毛市から贈られる木製のスプーンと乳歯入れ(宿毛市高砂の宿毛市総合社会福祉センター)
 幼い頃から木に親しんでもらう「木育」の一環で、高知県宿毛市は2020年度、新生児に木製品のプレゼントを始めた。赤ちゃんに離乳食を食べさせる「ファーストスプーン」と、スプーンや生え替わった乳歯を保管するケースを配布している。

 森林環境譲与税を活用した新規事業で、2021年度以降も継続する方針。初年度は四万十市の工房にプレゼントの制作を依頼した。2品とも幡多地域のヒノキを使っており、保管ケースには新生児の名前も刻印されている。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ