2021.03.27 08:32

看護大開学「下田に23年度」 四万十市が学校法人と協定 

 高知県四万十市は26日、京都看護大学(京都市)のサテライトキャンパス誘致に関して、同大学を運営する学校法人「京都育英館」(松尾英孝理事長)と基本協定を結び、開学場所を同市下田、時期を2023年4月と明記した。
 
 市と同法人はこれまで、4年制の四万十看護学部(仮称)開設を協議してきた。1学年80人で、教職員を含めた規模は約400人を想定。施設は市が下田の市立中医学研究所(休診中)の建物に加え、22年度に中村中学校へ統合する方針の下田中校舎を活用する考えを示している。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育高知のニュース大学教育幡多

ページトップへ