2021.03.25 08:33

月光桜 闇夜にぽっ 大月町で見頃「迫力すごい」

見頃を迎えた「月光桜」(大月町弘見)
見頃を迎えた「月光桜」(大月町弘見)
 幡多郡大月町弘見の「月光桜」が見頃を迎え、闇夜に白く輝く姿が訪れた人々を魅了している。四万十かいどう推進協議会大月支部が4月4日まで、午後7~9時にライトアップする。

 高さ13・4メートル、幹回り3メートルの山桜。15年以上前から同支部のメンバーらが周辺の草刈りなどを行い、名所として整備している。今年は3月17日に開花し、2008年以降で最も早かったという。

 小高い丘の上にぽっと浮かび上がる姿は幻想的で、毎年町内外から多くの写真愛好家や家族連れが訪れる。22日夜に高知市から友人と訪れた藤田知子さん(45)は「初めて来たけど、写真で見るより迫力がすごい」と笑顔で話していた。

 見頃は28日ごろまでで、同支部は「マスクを着用して楽しんで」と呼び掛けている。また同町弘見の道の駅「ふれあいパーク大月」でも午後6~10時、桜のライトアップをしている。(新妻亮太)

カテゴリー: 観光高知のニュース自然・植物幡多

ページトップへ