2021.03.18 08:34

県内ガソリン1年ぶり150円台 高知市は3/18からさらに3円値上げ

張り紙で18日からの値上げを知らせるガソリンスタンド。急いで給油に訪れた客もいた(17日午後、高知市東石立町)

 高知県内でガソリン価格の上昇が続いている。経済産業省資源エネルギー庁が17日に発表したレギュラーガソリン1リットル当たりの県内小売価格(15日時点)は150円10銭で、約1年ぶりに150円台となった。高知市内の複数のガソリンスタンドでは、18日からさらに3円値上げして153円にする。

 昨年3月に152円台だった県内の小売価格は、5月に132円台まで低下。9月に145円台まで上がった後は140円前後で推移していたが、年末年始から値上げ基調となり、2月から7週連続で上がって150円の〝大台〟に乗った。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース経済高知中央

ページトップへ