2021.03.15 08:33

大月中給食にマグロかぶと焼き 卒業の思い出づくり

マグロのかぶと焼きの食べられる部分を探す生徒たち(大月町の大月中学校)
マグロのかぶと焼きの食べられる部分を探す生徒たち(大月町の大月中学校)
 高知県幡多郡大月町弘見の大月中学校でこのほど、卒業する3年生41人に、最後の学校給食として大月町産の養殖マグロのかぶと焼きがサプライズで振る舞われた。

 卒業式を翌日に控えた12日が3年生にとって最後の給食。栄養教諭の谷山なつこさん(36)が「少しでも思い出を」と、道の駅ふれあいパーク大月を通じて道水中谷水産(大月町橘浦)からマグロの頭を贈ってもらった。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース教育教育幡多教育

ページトップへ