■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.03.13 08:13

「けんかもち」など郷土料理 大栃小児童が育てたイモで

 高知県香美市物部町の大栃小学校の1、2年生7人がこのほど、自分たちが育てたイモを使って「けんかもち」などの郷土料理を作った=写真。大栃小学校は日頃から、野菜の栽培や料理体験などで住民と交流しており、昨秋に児童が収穫した里芋とサツマイモを使ってお菓子を作ることになった。

■関連記事
つくってみん? けんかもち  物部伝統の優しい味

 10日は、地元の女性陣が手ほどきした。「里芋とサツマイモが絡み合うから、けんかもち」などと、由来を聞いた児童たちは興味津々。蒸した2種類のイモに砂糖を混ぜて練り、食べやすい大きさに丸め、きな粉をまぶしていった。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ