2021.03.13 08:33

とさでん交通の支援を拡充 収支改善進捗も検証 高知県議会

 高知県議会2月定例会は12日も各常任委員会を開いた。産業振興土木委員会では、執行部が新型コロナウイルス感染症で打撃を受けているとさでん交通に対する支援策を強化する方針を説明。収支改善策の進捗(しんちょく)管理に県も関わる考えも示した。

 とさでん交通は高速バス、貸し切りバスの利益で、赤字の公共交通部門を支える経営構造だが、新型コロナの影響で2020年度は高速、貸し切り部門が大幅な赤字に転落。県は従来、路線バス運行を補助しているが、「これまでの経営形態は成り立たなくなっている。このままでは県内の公共交通が危機的な状況に陥る」(高知県交通運輸政策課)として2021年度、関係市町村と連携して追加支援を行う。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース議会

ページトップへ