2021.03.10 08:36

パチンコ玉カード改ざん 詐欺容疑で元店員と客逮捕 高知署

 高知署は9日、パチンコ店の会員カードの貸し玉数を書き換えて不正に利益を得たとして、電子計算機使用詐欺容疑で、高知市朝倉東町の無職、A容疑者(47)と高知市北竹島町の無職、B容疑者(34)を逮捕した。事件当時に被害店舗で勤務していたA容疑者は「身に覚えがない」と否認し、常連客だったB容疑者は「換金して金を得るためにやっていた」と認めているという。
 
 逮捕容疑は、両容疑者は共謀し、昨年2月20日午後5時45分ごろ、高知市内のパチンコ店で、従業員のA容疑者が、B容疑者から受け取った会員カードの情報をカウンターの端末機で操作。貸し玉数を書き換えて9万発増やし、36万円相当の利益を得た疑い。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ