2021.03.09 08:05

いのぐ「3.11と黒潮町の10年」(中) 僕らの行動で変えたい

トルコの中学生と情報交換する防災委員会の生徒。缶詰製作所の取り組みなどを紹介した(昨年8月、大方高校)
トルコの中学生と情報交換する防災委員会の生徒。缶詰製作所の取り組みなどを紹介した(昨年8月、大方高校)
 34・4メートルという「日本一の津波高想定」が出た高知県幡多郡黒潮町。図らずも知名度が上がったことを逆手に取り、防災産業の育成に着手する。

 2014年4月、第三セクター「黒潮町缶詰製作所」を黒潮町入野に開設。黒潮町産品を原材料の一部に使い、「トマトで煮込んだカツオとキノコ」など、非常時でも日常でも味わえる缶詰を21種開発してきた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ