2021.03.07 08:34

高知県内、卒業アルバムに苦心 コロナ下、各校行事縮小響く

児童にマスクを一瞬外してもらいアルバムの写真を撮影するカメラマン(高知市鴨部の鴨田小)
児童にマスクを一瞬外してもらいアルバムの写真を撮影するカメラマン(高知市鴨部の鴨田小)

 卒業シーズン。卒業アルバムを楽しみに待っている児童、生徒も多いだろう。だが今年は、新型コロナウイルスの影響で学校行事の中止や規模縮小が相次いだため、ボリュームの確保に苦心する学校も。例年のアルバムに比べて見劣りしないよう、卒業ぎりぎりまで撮影を続けたり、日常風景のカットを増やしたりするなど、あの手この手を講じている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ