2021.03.03 08:41

ひな祭り版フラフで桃の節句祝う 香美市の染工場制作

完成したフラフと注文した友村幸さん、有花ちゃん(香美市土佐山田町楠目)
完成したフラフと注文した友村幸さん、有花ちゃん(香美市土佐山田町楠目)
 きょうは、楽しいひな祭り―。桃の節句はひな人形を飾って祝うのが一般的だが、高知県香美市土佐山田町では特産のフラフを生かした“ひな飾り”を制作している。

 フラフは、男児の健やかな成長を願い、こいのぼりとともに端午の節句に揚げられる。創業119年の三谷染工場は、注文があれば「ひな祭り版」を制作してきた。

 「女の子にもフラフを贈りたい」と話すのは、高岡郡四万十町家地川の会社員、友村幸さん(36)。生後5カ月の長女、有花ちゃんの初節句を祝うために注文した。

 縦175センチ、横110センチのフラフは巨大なタペストリータイプで、室内に飾ることを想定している。有花ちゃんの名前とともに、色鮮やかなおひなさまが描かれている。

 出来栄えを見た友村さんは「フラフは男の子のイメージがあるので、新しい。華やかで迫力もある。場所も取らないので居間に飾りたい」と笑顔だった。

 三谷染工場は今後、ひな祭りフラフを定番商品のラインアップに組み込むという。4代目の三谷泰清さん(41)は「高知のフラフ文化を広く伝えるきっかけになれば」と話している。(小笠原舞香)

ページトップへ