2021.03.03 08:35

高知工科大学に「データ&イノベーション学群」新設検討 県議会

知事「時代の流れに沿う」
 高知県議会2月定例会は2日から一般質問に入った。高知工科大学がデジタル社会への対応を主眼に「データ&イノベーション学群」の新設を構想していることについて、浜田省司知事は「方向性は時代の流れに沿っている」との認識を示した。大学側は2023年春の開設を目指しているという。

 高知工科大学によると、デジタル技術の進展や人材ニーズの高まりを背景に、新学群は人材の育成、企業支援などを担う。昨秋、設置構想を取りまとめ、内部で検討しているという。構想では、新学群は1学年60人程度で、永国寺キャンパスに拠点を設ける考え。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース議会

ページトップへ