2021.03.03 08:14

消えていた炎~限界の山里で~(1)「家がない」「熱もなかった」

焼け落ちた家。誰も火災に気付かなかった(仁淀川町別枝)
焼け落ちた家。誰も火災に気付かなかった(仁淀川町別枝)
 誰も気付かないうちに家1軒が全焼し、救助も来ないまま1人が亡くなった。過疎の山里に深い衝撃を走らせた〝孤独焼死〟。その背景を取材した。

 2月10日。高知県吾川郡仁淀川町別枝に、まぶしいほどの冬晴れの朝が訪れた。前日には土佐三大祭りの一つ「秋葉まつり」が始まり、静かな山里は一年で最もにぎやかな季節を迎えていた。

...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュースなるほど高吾北

ページトップへ