2021.03.03 08:36

桂浜公園の堤防4メートルにかさ上げ 津波対策、景観に配慮

国・県が方針 眺望スペースも
 南海トラフ地震に備え、高知市浦戸の桂浜公園周辺の津波対策を検討している国と県は2日、公園駐車場周辺の堤防を地面から約4メートルの高さにかさ上げする整備方針をまとめた。観光客らに圧迫感を与えることも想定されるため、堤防最上段に眺望を楽しめるスペースを設けるなど景観や利便性にも配慮する。

 国土交通省高知港湾・空港整備事務所と県が、同日開いた有識者検討会で説明した。堤防を整備するのは駐車場をL字形に囲む約410メートルの区間で、1707年の宝永地震(マグニチュード8・6)級の津波に対応する高さにかさ上げする。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ