2021.03.02 08:23

浜風スマッシュ 興津中の栄光(1)トロフィー並ぶ校長室

校長室の棚に並ぶトロフィーやカップ。ほとんどは卓球で獲得した(四万十町の興津中学校)
校長室の棚に並ぶトロフィーやカップ。ほとんどは卓球で獲得した(四万十町の興津中学校)
 高知県四万十町の興津中学校は3月限りで閉校する。小さな学校の大きな栄光を振り返る。

 高南台地に位置する高知県高岡郡四万十町の中心部から、細い県道をくねくねと下った興津地区。太平洋からの浜風が松林をくぐり、ビニールハウス群を越えて小さな校舎に吹き付ける。

 興津中学校。在校生は3人と県内最少だ。校長室の棚にはしかし、郡部の小規模校とは思えないほどたくさんのトロフィーやカップが並び、約40枚の賞状が壁を埋め尽くす。それらのほとんどに「卓球」の2文字が刻まれている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ