2021.03.02 08:39

高知県内でアメゴ漁解禁 20センチ超の良型も

釣り上げられたアメゴ。20センチ超の大物も
釣り上げられたアメゴ。20センチ超の大物も
 高知県内多くの河川で1日、アメゴ(アマゴ)漁が解禁された。釣り人らが渓流へ繰り出し、天然ものや放流された成魚を次々と釣り上げていた。物部川は8月31日までで、その他の河川は9月30日まで。

 香美市物部地域を流れる物部川では、早朝から40人ほどが本流、支流のポイントへ。新型コロナウイルス感染防止のため、間隔を空け静かにさおを出した。

待望の解禁日。ルアーでアメゴを狙う釣り人もいた(香美市物部町別府)
待望の解禁日。ルアーでアメゴを狙う釣り人もいた(香美市物部町別府)
 あいにくの小雨だったが、太公望たちは「お祭りみたいなもんやき。魚が小そうてもかまんかまん」とにっこり。巧みにさおを操りながら20センチ前後をあちこちで上げ、中には30センチ近い良型も。午前中だけで100匹ほど釣った人もいた。

 物部川漁協によると、昨春に稚魚約10万匹、2月末には大型魚570キロを放流している。15センチ以下は捕獲禁止。

 キャリア40年の香南市の男性(54)は、餌で10匹ほど釣り上げた後、ルアーにチェンジ。「追わえてくれるけど、ばれたり、なかなか食わんかったり」と駆け引きを楽しんでいた。(横田宰成)

ページトップへ