2021.03.01 08:33

コロナなかりせば… 旧正凧揚げ大会(香南市)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高知県内でもさまざまなイベントが中止に追い込まれ、活動の自粛を余儀なくされている。コロナ禍がなければ、にぎわっていたであろう「あんな催し」「こんな取り組み」を紹介。次回にかける関係者の思いと共に、随時紹介していく。

4年ぶりに空に舞った100畳大凧(2020年2月、香南市野市町深渕)
4年ぶりに空に舞った100畳大凧(2020年2月、香南市野市町深渕)

空に舞う100畳大凧
 高知県香南市野市町の恒例行事、旧正凧(たこ)揚げ大会のメインイベントは、数十人がかりで揚げる100畳大凧だ。約11メートル四方、重さ約190キロの凧は風が強すぎても弱すぎても飛ばない。2020年大会では4年ぶりに大空を舞った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ