2021.02.28 08:36

「互助」結び四半世紀、高齢者の生きがいにも NPO「さわやか高知」(高知市)

診察が終わった西原慶郎さん=左=を福祉車両へと介助する岡崎順二さん(高知市内の病院)
診察が終わった西原慶郎さん=左=を福祉車両へと介助する岡崎順二さん(高知市内の病院)

ボランティア幅広く
 「助け合いの市民組織」を掲げるNPO法人「地域サポートの会さわやか高知」(三谷英子会長)が発足して四半世紀を超えた。有償ボランティアによる互助活動は、発足時の介護分野から、現在は困りごと対応や生活支援まで幅広くなり、ボランティア側の生きがいづくりの場にもなっている。

 高知市介良乙の岡崎順二さん(71)は9年前から「さわやか高知」の仲介で病院送迎の運転手を務める。この日は、担当する同市神田の西原慶郎さん(83)宅へ。足が不自由な西原さんを福祉車両に乗せて病院に出発し、車内では相撲談議に花が咲いた。

 病院では岡崎さんが車いすを押し、診察室まで寄り添う。薬局にも付き合い、買い物もサポート。「近所に頼めないことも岡崎さんには頼める」という西原さんにとって岡崎さんは不可欠な存在だ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ