2021.02.28 08:00

【農水省接待】由々しい官僚のたるみ

 利害関係者から接待を受ける官僚が今でもこれほどいるのかと、驚きあきれてしまう。相次ぐ不祥事に、政官業の癒着の根深さを見せつけられる思いだ。
 総務省に続き、農林水産省でも枝元真徹(まさあき)事務次官ら計6人が処分された。鶏卵を巡る贈収賄事件で在宅起訴された鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループの元代表から、会食の接待を受けていた。国家公務員倫理法に基づく倫理規程に違反したと判断した。
 会食は2回あり、2人は両方に参加している。元代表と親密で、収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農相が参加していた。元農相は農相在任中、大臣室などで計500万円を受け取ったとされる。
 費用は1人当たり1回2万円余りで、元会長側が負担していた。枝元氏は、元農相から誘われて参加し、元農相が支払ったと思っていたと説明する。都合のよい解釈だ。
 鶏卵業界は、家畜を快適な環境で飼育する国際基準の緩和や、卵価が下がった際の生産者支援策の拡大を求めて、政治家や農水省に積極的に働き掛けていた。状況は理解していたはずで、慎重さを欠いている。
 業界の課題に対して必要な施策は行わなければならない。しかし、金銭で農政がゆがめられるようなことがあってはならない。その検証抜きには問題は終わらない。
 倫理規程は、利害関係者から金品などの提供を受けることを禁じている。旧大蔵省の汚職事件を受けて2000年に施行された。しかし、接待の事例は後を絶たず、形骸化が指摘されている。
 相手が利害関係者かどうか、官僚が判断をしないとは考えにくい。怠っていたのなら、規律が相当に緩んでいるか、それを無視することに違和感すら感じさせない力が働いていたのだろう。
 「大臣の誘いは断れない」という官僚の「本音」も伝えられる。また一方で、安倍前政権から菅政権へと続く「長期政権」の弊害が指摘される。忖度(そんたく)や身内優遇という言い方をされる雰囲気が醸成され、行政の公正性が疑われる局面がたびたび出てきている。
 官僚を人事で掌握して官邸の意向に従わせ、異論は排除する。こうした政治手法が、全体の奉仕者であるべき公務員の姿勢を変質させ、政権中枢に近い官僚のおごりにつながっているとする見方がある。
 菅義偉首相の長男が勤める放送事業会社「東北新社」による接待も、総務官僚が格段の思惑もなしに受けたとは思えない。監督官庁と業界のいびつな関係はまだ疑念が解明されていない。
 公務員に対する信頼を損ねたとして反省と謝罪の弁は聞かれるが、相次ぐ不祥事に、氷山の一角という声さえ出ている。それが行政をゆがめているのではないかと疑念を持たれては、政策全般への不信につながりかねない。全体像を明らかにして、説明責任を果たさなければ信頼回復の道は険しい。

カテゴリー: 社説

ページトップへ