2021.02.27 08:10

大竹の倒れた向きで豊作、豊漁を占う 須崎市野見で「潮ばかり」

海中に大竹を立てた「潮ばかり」(須崎市野見)
海中に大竹を立てた「潮ばかり」(須崎市野見)
 竹を海中に立てて1年の豊作、豊漁を祈願する奇祭「潮ばかり」が25日、高知県須崎市野見の野見漁港周辺で行われた。新型コロナウイルスの影響で行事は一部簡素化したが、若者が海に飛び込み大竹を必死に立てると、住民から大きな拍手が送られた。

 高知県の無形文化財で毎年、旧暦1月14日夜の干潮時に行われる。大竹が沖側に倒れると豊漁、陸側だと豊作になるとされる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ