2021.02.25 08:38

多様性テーマに20点 NYの芸術家・宇井さん高知市で個展

「小難しいアートと考えず家に飾ったらいいなという気持ちで味わって」と語る宇井規志さん(高知市菜園場町)
「小難しいアートと考えず家に飾ったらいいなという気持ちで味わって」と語る宇井規志さん(高知市菜園場町)
 米国ニューヨーク在住の現代芸術家、宇井規志(きし)(本名・鵜飼清)さん(71)が、高知市菜園場町の「さえんば吾平」3階ギャラリーで個展を開いている。妻のダンサー、西川圭さんの両親が高知市出身という縁で高知を訪れ、高知で制作中の20点を並べた。28日まで。

 宇井さんは東京都出身。大学卒業後の1977年、マルセル・デュシャンやジャクソン・ポロックら、現代芸術の作家を日本に積極的に紹介した美術評論家、故東野芳明さんの勧めで渡米したものの、ビジネス先行の風潮に「疑問を持ち」、個展は一度きり。作品は作り続けたが公表せず、現地の学校で教壇に立つなどして暮らしてきたという。

 だが2018年、圭さんがダンスの背景にと展示した絵が画廊オーナーの目にとまり、40年ぶりの個展を開くことに。横浜での個展も決まり、これに先駆け高知開催も決めた。

 テーマは多様性。数字の2や3をモチーフに、アクリル絵の具や鉛筆などで描いた、遊び心いっぱいの色鮮やかな作品が並ぶ。いずれも未完成というが「高知の人には制作のための拠点も構えてもらい、助けられた。真っ先に見てほしい」と話している。(村瀬佐保)

ページトップへ