2021.02.25 08:33

北川村議の居住実態、最高裁へ 高知県選管「判例に沿わず」

 2019年の高知県安芸郡の村議選当選者の居住実態で争い、高松高裁で敗訴した高知県選挙管理委員会(土居秀喜委員長)は24日、「過去の判例に沿っていない」として、最高裁に上告受理申し立てをすることを決めた。

 15日の高裁判決は、北川村議の尾崎一マ(かずま)氏(65)が被選挙権を有するのに必要な北川村での居住実態があったと認定。当選無効とした高知県選管判断を覆した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース裁判安芸

ページトップへ