2021.02.24 08:34

つながる高知南国道路27日全通(上)歩み「西」に後れ「凍結」も経験

高知南国道路の起工式。国の高規格幹線道路網に位置付けられてから14年を経て槌音が響いた(2001年3月、南国市稲生)
高知南国道路の起工式。国の高規格幹線道路網に位置付けられてから14年を経て槌音が響いた(2001年3月、南国市稲生)
 高知県内の高速道路ネットワークが2月27日、大きく前進する。高知東部自動車道・高知南国道路(高知市一宮―高知龍馬空港、15・0キロ)が全通し、四国の大動脈・高知自動車道とつながる。開通までの道のりを振り返り、今後の地域を展望する。

 「県東部に高速道路を!」。1986年9月、安芸市のホテルに県選出国会議員、中内力知事(当時)、県東部の首長ら約70人が勢ぞろいし、高らかに気勢を上げた。高知東部自動車道の整備促進期成同盟会の総会。誘致運動の“号砲”だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース行政高知中央

ページトップへ