2021.02.24 08:32

コロナ給付金詐欺5人目逮捕 虚偽申請指南の疑い 高知県警

 新型コロナウイルス対策の持続化給付金を巡る高知県内の不正受給事件で、高知県警捜査2課などは23日までに、虚偽の申請を指南した詐欺容疑グループの一員として、本籍大阪市の住所不定、自営業、男性A容疑者(43)を新たに逮捕した。一連の事件で逮捕者は5人(うち1人は処分保留で釈放)になった。

 逮捕容疑は、高知市介良乙の自営業、男性B(31)、高知市百石町3丁目のアフィリエイター、男性C(24)の両容疑者=いずれも詐欺罪で起訴済み=と、高知市の飲食店従業員の20代女性=任意聴取中=と共謀。昨年6月、持続化給付金の申請サイトで女性を個人事業主と偽り、事業収入が減ったと虚偽の申請を中小企業庁に行い、女性の口座に100万円を入金させた疑い。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース事件事故

ページトップへ